【blog #1】自分の時間の取り方

日常
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

7月に子供が生まれたり、コロナ第五波がきたりと
外出がしにくいので、ブログがしっかり書けない状態が続いていました。
これからは、ちょっとした日記をつけていこうと思います。
(日記書くのがブログなんですけどね)

スポンサーリンク

育児中の自分の時間ってどれくらい?

育児のストレス1位は「自分の時間がない」、手間を減らしたいことは「離乳食」と「寝かしつけ」 ママたちのリアル|たまひよ
産後は、赤ちゃんのお世話中心の生活になります。掃除や洗濯、食事づくりといった家事が思うようにできない日があっても当たり前。ママとパパが協力して家事育児を行っている家庭が増えてきているとはいえ、まだまだそれらの多くをママが担っているのが現状ではないでしょうか。

平日で自分のために使える時間はどのくらいですか?
【第1位】1~2時間未満(43%)
【第2位】1時間未満(24%)
【第3位】2~3時間未満(19%)

https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=98232

たまひよの記事によると、平日で自分のために使える時間は2時間未満が70%以上を占めているようです。

この記事のアンケートは、2歳未満のお子さんがいるママを対象にしています。
私のようにパパの場合はどうなるか気になって調べてみたのですが、見つかりませんでした。
女性から見た”夫の育児”の情報が多いので、男性は育児に参加できていないんですかね?

どうやって時間をつくる?

自分の時間 | NHK すくすく子育て情報
新型コロナウイルス感染拡大の時期には、子育て家族の生活も大きく変化しました。保育園や幼稚園の登園自粛や休園で、子どもから離れられない日々を過ごし、自分の時間を持つことができなかった。そんなママやパパも、多かったのではないでしょうか? 今回は、子育てや家事から離れる自分の時間について、専門家と一緒に考えます。

夫婦で家事・育児を協力し、あまった時間で、交代制で自分時間を過ごすことにしました。

https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2020/813.html#a2

NHKの記事に、このようなケースが紹介されていました。
どちらか一方が自由の時間を確保するというのではなく、お互いを尊重して自由の時間を確保しているようです。

2人で家事育児に追われてしまうと、ストレスが溜まり夫婦関係もギクシャクしてしまいます。
協力してやる時はやり、任せられる時は任せる。お互いが楽になるようにすることで少しずつ自分の時間をつくれればいいと思います。

もちろん、これは一例です。
夫婦で話し合って、自分たちに合う方法を探っていくことが大切なのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました