【池田町】樹齢約250年!大峰高原七色大カエデ

観光
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

すっかり紅葉の季節になりました。
緊急事態宣言も明け、紅葉狩りに行く人も多いのではないでしょうか。

我が家は、0歳児がいる絶賛子育て家庭のため
遠くへ行くことができないので、
近場で人気のところに行ってきました。

今回は、信州安曇野にある池田町の
「大峰高原七色大カエデ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

七色大カエデ とは

標高1000mの大峰高原にある
「七色大カエデ」

高さは約12m、幹まわりは3mを超えるようです。

毎年10月上旬より色づきはじめ、
赤や黄色に色づいた葉や、色づく前の緑色の葉など
さまざまな色彩に染め上げられ、美しいグラデーションになることから
「”七色”大カエデ」と呼ばれています。

見どころ

今年(2021年)は、10月10日頃から色づきはじめ
10月29日現在、綺麗なグラデーションができています。

例年では、
10月中旬〜11月上旬
が見頃となっております。

終盤は、一面赤に染まりますが、
それもいい感じだと思います。

見るときによって色合いが違うので、
ぜひ写真を撮ってSNSで他のユーザーと共有してみてください!

昨年(2020年)の写真です。

会場の様子

平日の様子です。

大カエデの近くには、池田町の生産物が売られています。
地元の野菜を安く売っていたり、
温かいコーヒーを飲むことができます。

中でも注目なのは、大カエデの苗から育てた苗の販売です。
1000円から3000円で販売されています。
私も、家を建てて大きい庭があれば植えてみたいです…

日によって出店しているものも違うようですので、
ぜひ楽しみに来てください。

駐車場は無料ですが、募金をおこなっているようです。

アクセス

「大峰高原七色大カエデ」
住所:長野県北安雲郡池田町大峰高原
車:長野道安曇野ICより45分
駐車場:80台(無料)

目的地付近に行くにつれ、山道で道が細いため、
普段運転をしていない方や運転に自信がない方は
注意が必要です。
事前に、下の埋め込み地図からストリートビューで
確認してみてください。

紅葉を見終わった後には近くで食事を

紅葉を見終わった後は食事をとってはいかがでしょうか。

観光をしつつ、安曇野の美味しい湧水を使ったコーヒーを飲むなら
「大王わさび農場」へ

ガッツリ食事をとるなら、焼きモツ定食が食べられる
「お食事 八千代」へ

タイトルとURLをコピーしました