【やっぱりステーキ】長野県内初!沖縄発祥の有名ステーキ店が安曇野にオープン!

グルメ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、ステーキは好きですか?

私はお肉大好きなのですが
値段が高くてなかなか食べられません…

しかも、最近
大町市、イオンモール松本のいきなりステーキや
松本市のステーキガストなど
長野県の中信地方でステーキ店の
閉店が続いています。

そんな中、1000円でステーキが食べられると話題の
「やっぱりステーキ」が安曇野市にオープンされたので、早速食べてみました。

スポンサーリンク

やっぱりステーキとは

やっぱりステーキは2015年に沖縄県でオープンした
ステーキチェーン店です。

ステーキとご飯、サラダ、スープがセットで1000円から
食べられるというので人気となり
昨年2020年には東京進出をしたことで話題になりました。

また、ラーメンの替え玉と同じように
「替え肉」という肉のおかわりができるシステムも
特徴となっております。

看板メニュー「やっぱりステーキ(ミスジ)」

スタート当初は、ステーキ200gを1000円(スープ、サラダ、ご飯付き)を
売りとしてやっていたそうですが、現在は150g1000円となっております。

看板メニューの「やっぱりステーキ(ミスジ)」は、
・100g 880円
・150g 1000円
・225g 1480円
・300g 1980円
といった価格になっております。

お肉が足りなかった時は「替え肉」を注文することができます。
イチボやヒレなど別の種類のお肉も追加することができるそうです。

今回、私は「ミックスカットステーキ 180g」
妻は「やっぱりステーキ 150g」
を注文してみました。

実際に食べてみた

やっぱりステーキ(ミスジ) 150g

こちらが看板メニュー。

150gは想像していたよりも大きかったです。

ミックスカットステーキ 180g

先ほどのやっぱりステーキより30g多いはずですが
カットされているのでちょっと少ないように感じます。

いろいろな種類のお肉を食べられますが
肉の種類に詳しくない私には
どれが何の肉かわからなかったので
初めて頼むならミスジかイチボを
食べてみた方がいいかもしれません。

ソースの種類が豊富

やっぱりオリジナルのオニオンソースをはじめ
にんにく醤油やフルーツソースなどの
さまざまなソースが10種類ほどありました。

わさびやにんにく味噌も用意されていたので
自分好みのソースを見つけるために
何度も通ってしまいそうですw

ご飯、サラダ、スープは おかわり自由

意外だったのは、スープ、サラダ、ライスが
ドリンクバーのようにおかわり自由だったことです。

ライスは、白米と黒米

サラダは、キャベツとマカロニサラダ

スープは、一種類でした。

サラダ用のドレッシング。シークワーサーがあるのは沖縄発祥だからですかね。

よく焼いてほしい人は注文時に伝えよう

やっぱりステーキ(ミスジ)のウェルダン

溶岩プレートに乗せられたステーキは
焼かれている過程を楽しむということもあり
結構レアで提供されるようです。

レアが苦手な方は、食券を渡す際に
しっかり店員の方に伝えてください。

ステーキをカットした状態で
しっかり焼いて提供してもらえます。

支払方法

現金のみのようです。

タッチパネルでの注文でしたが、
オープンしたてのためか
店員の方が丁寧に説明をしてくださったので
スムーズに注文ができました。

アクセス

「やっぱりステーキ あづみの店」
住所:長野県安曇野市三郷温3670-1安曇野観光ビル1F
営業時間:11:00~22:00(L.O 21:30) 
定休日:無し(年中無休)
席数:61席(テーブル54席、カウンター7席)
ホームページ:https://yapparigroup.jp
インスタグラム:https://www.instagram.com/yappari_azumino/

このあたりに第2駐車場があるのですが、わかりづらかったです…

まとめ

いかがでしたでしょうか。

話題になっていたのでいつか食べてみたいと思っていましたが
まさか安曇野で食べられるとは思いませんでした。

オープンしたてだったのですごく混んでいたので
混雑が少し落ち着いたら、よく通いたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました